料金や速度など

通信速度というのは、ネット利用時のスピードのことです。普通、下り速度における最大速度で比較されます。広範囲で使用可能な基本エリアでは、下り110Mbpsの速度のものが多く、キャリアによる差はあまりないと言えますが、キャリアアグリゲーションといわれるハイスピードモードがプランによってつけられる場合があります。

これは2つの電波を束ねることでより速い通信を行う技術のことです。これによりキャリアによって異なりますが、速度は180~220Mbpsに上がります。但し、エリアによっては速度が不安定であったり、サービスエリア外であれば通信そのものが不可能となるので、その点は注意してください。

具体的な料金は、Y!モバイルの通信制限ありの場合で月額1980円、7ヶ月目から2480円です。制限なしの場合は25歳以下で月額3696円です。UQ WiMAXで2年契約の場合、月額3696円です。UQ WiMAXではスマートフォンがauの場合に最大934円の値引きがあります。この場合、月2762円で無制限プランが利用できることになります。他にも契約すると期間限定で10000円分の商品券がプレゼントされるキャンペーンも行っています。

メリット・デメリット

ポケットwifiの特徴は、設定を行えばすぐに使えるようになるため、回線工事が必要ないということと、配線が不要で、ポケットwifiを充電して使えるといった点です。配線が不要なので、外出先、例えば飲食店や公園、駅構内などにおいてもいつでも利用が可能です。

最近の機種ではバッテリーの持ちも以前に比べて良くなってきています。スマホの速度制限も防げる、といったメリットもあります。スマホの読み込みが遅い時にも高速でネット通信ができるので、そういった点でも便利です。

一方で、機種によっては建物内での通信が不安定であるものや一定以上のパケット量を超えてしまうと通信制限が掛かり、動画などの閲覧が困難になるといったデメリットもあります。しかし、会社によっては通信制限がなく、一定の料金でネットに繋がるものもあります。

ネット利用をあまりしないという方は通信制限があるものでも不便はないということもあります。ポケットwifiには機種のレンタルサービスもあるので、例えば一定期間だけ使用したい場合や貝旅行時に使用したい時などには便利なサービスです。ポケットwifi1台で同時に複数の端末に接続可能であることも大きな魅力と言えます。

ポケットwifiについて

ポケットwifiに関して、その特徴やネット環境はどうなのか、などといった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ポケットwifiは、文字通りポケットに収まるくらいの機器でwifiを利用できるものです。実際には提供する会社は複数あり、その会社により料金やキャッシュバック、回線速度やサポートなどが異なってきます。ポケットwifiはエリア内で電波が届く所であればどこでも使えるので、光回線の代わりとして自宅用に利用する人も多いです。

光回線よりもポケットwifiを利用した方が月額料金が安いという理由もあります。充電がなくなれば当然通信は不可能となりますが、クレードルと呼ばれる置き型の重電機を使うと、充電切れの心配も気にすることなく利用できます。しかし、注意すべき点もいくつかあります。例えば、2年契約で申し込みをし、利用し始めたとして、2年を満たないうちに解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

また回線会社によってはキャッシュバックを用意していないところもあるので、選ぶ際には総合的に考えた上で決めるのが良いと言えます。プランを決める際にも、自分がどのくらいネットを利用するのか、メールは1日に何通くらい交わすか、動画の視聴は多いか少ないか、ゲームはたくさんするか、などを踏まえた上で最も自分に適したプランを選択することで利用を開始したあとの満足度が上がるでしょう。

当サイトでは、ポケットwifiの特徴やメリット、デメリット、具体的な料金や回線速度などについて詳しく説明します。